「海へ…」と重曹を併用した場合の重曹の効果を教えてください。


まず重曹は、弱アルカリ性。pHも9未満の最も弱いアルカリ性に入ります。
通常の洗剤は洗剤自身がpH9〜10の弱アルカリ性のため、重曹を入れて洗剤を規定量より減らすとすると、アルカリ性はさらに弱まります。
アルカリ性が弱まると、通常洗剤(弱アルカリ性)では汚れ落ちが悪くなるはずですが、そうはなりません。
理由は、重曹と水道水のミネラル分が結合することにより、金属石けん(石けんカス)の発生を押さえ、泡立ちをキープしているからです。
このことから推察されるのは、水道水の中のミネラルを重曹水が吸収し、洗浄の補助となっていると言えます。
重曹が、いわゆるキレート剤や金属封鎖剤的に緩く作用しているからです。
海へ…は中性ですが、このときもやはり水中のミネラル分を重曹との結合で働かなくしてあげると、海へ…本来の洗浄力がストレートに発揮させやすくなるため、海へ…の使用量を半分に減らせます。
本来キレート効果は、クエン酸の方がより高いです。水道水とクエン酸だけで洗濯物を予洗いしてあげたほうが、さらに効果は期待できます。
汗や泥汚れは、ミネラルですから、酸の中和反応が使え、水が軟水化するからです。
しかしクエン酸は、濯ぎの時の柔軟作用に用いた方がより合理的です。
重曹を使用した洗濯方法はこちらで詳しく紹介しています