ナノ化された海へ…の成分は、衣類から肌に浸透して、身体に残ることはありませんか?


よくこの話で話題に上がるのが、化粧品の粉体(粉状のもの)です。
ナノ化された粉は体内に蓄積していきますが、液体は体に蓄積することはありません。

また、海へ…のナノ化された全成分(界面活性剤、天然精油、水)は、身体に浸透しても、界面活性剤も天然精油もナノ化された水に覆われていますから、ほぼ水と同じ状態で、身体の中に浸透していくことになります。そのため、最終的には、尿や汗などと一緒に身体の外へ排出されたり、身体の中にいる微生物が分解します。

界面活性剤の量について数字を上げれば、洗濯する際、その中に溶けている界面活性剤量は0.8g(水30L中)です。
その後、すすぎを1回した際の洋服に残る残留界面活性剤量は、洗濯物量1kgに対して約0.00067gで、すすぎを2回した場合の残留界面活性剤量は、洗濯物量1kgに対して約0.00003gとなります。

※海へは…すすぎ1回でお使いいただける商品ですが、参考のためにすすぎを2回した場合の数字も公開しております。

※洗剤成分の衣類残留量の計算方法について
3kgのお洗濯物を脱水した場合の、重量は4.5㎏。つまり、お洗濯物に残っている洗剤を含んだ洗濯水は1.5Lとなります。この1.5L中に含まれる洗剤成分の量(界面活性剤相当量)を基準に算出しています。