東京建物さんの分譲マンションであるBrillia。
このオーナーさま向けの会報誌にて、海をまもるトイレブラシを紹介していただきました!

ブラシの毛はゴム加工が施され、キズつけにくいのが安心ですが、
さらにそのゴムの弾力と高密度の植毛が強いコシを生んでいるのです。
その結果、ブラシの毛が広がりにくく長持ちするのはもちろん、
水ハネもなくとても洗いやすいです。
※このブラシの特長は、キッチン&ベジブラシバスブラシにもあてはまります。

この会報誌を作られている事務所でも、このバスブラシはご愛用頂いております!
ありがとうございます!!


今回はヨットマンの雑誌KAZIのプレゼント部分で紹介していただきました。
水ぬれにも強く、乾いてもその抗菌性が持続するノロノットは、海や川での使用も可能です。


舵社のボートクラブです。

 

今月は舵社が発刊される雑誌ボートクラブに掲載して頂きました。
ボート好き、釣り好きの方にはポピュラーな雑誌かと思います。
その中で、洗濯洗剤「海へ…」を紹介して頂きました。

海へ…という名前と読者さまとの共通点は多いですが、
洗濯洗剤?と思われる方も多いかも知れませんね。

 

海へ…は、海水でも使用できる程、使用環境を選びません。
(もちろん、すすぎはきれいなお水でお願いしますね)
その理由は、海水でも硬水でも低温でも使える、洗剤の性質にもありますが、海を汚したくない!という想いで生まれた海へ…の一番の特徴。それは、“水と分離してしまう油汚れを、洗剤といっしょに生分解させる(自然に還る)”ことにあります。

海から恩恵を受ける海好きが作った洗剤をボート乗りの方にも是非気にかけて頂けたら幸いです。

 

★付録にカレンダーが付きます。イラストもキレイでおすすめですよ〜


成美堂出版から発売される「お掃除のツボ」で巻きまきがんこクロスを掲載していただきました。

 

大掃除の必須アイテム「巻きまきがんこクロス」。
2年前、とあるお昼の番組でずぼらお掃除グッズ1位に選んで頂き、
放送直後から会社の電話は鳴り止むことがありませんでした!ほんとです。

 

youtubeにてご覧頂けます。

 

この巻きまきがんこクロスですが、エッセイストの石黒智子さんもご愛用いただいております。
巻きまきがんこクロスは、赤・青・緑・黄土色がオリジナルカラー(包装紙のみで中身は全て白です)ですが
石黒さんからのつよいご希望により誕生したのが、この白パッケージです。(もちろん中身は白です)

どの色も良いのですが、白は白でシュっとしててかわいいんですね〜

 

11月になり、年末感が出てきましたが、年末と言えば大掃除です。
ギリギリになってめんどくさいな〜と思ってしまうのが毎年ですが、
今年こそ!水がまだ冷たくないときに洗剤に頼らない大掃除をはじめようと思います。

洗って繰り返し使えて、とても長持ち。重宝するがんこクロス。
是非、みなさんの日頃のお掃除から、お手伝いが出来ればと思います。


3,000円で暮らしを上質にするデイリーウェアの特集で海へ…おさかなボトル森と…スプレーボトルミシュラ京子アーユルベーダソープ「ホーリーバジル」を紹介して頂きました。

 

どのシーズンや用途においてもとても心強い存在なのが、がんこ本舗の商品たちです。
ウールやシルクも、コットンや化繊と同じようにふんわりと洗い上げる洗濯洗剤「海へ…」食器洗いだけでなく、食器洗浄機での使用はもちろん、レンジや換気扇周りのお掃除にも便利なキッチン洗剤「森と・・・」そして、キシキシせず、気持ちいい使い心地のホーリーバジルの石けん。

どれもうっとりする香りが特徴のひとつです。
是非、これからの寒くなる時期、使いごごちだけでなく、香りも楽しんで頂ければと思います。

そして、雑誌の巻頭企画では、三重県で衣食住を提案するお店「而今禾」をされている米田恭子さんが洗濯洗剤「海へ・・・」をお薦めしてくださいました。
実はここでの紹介は、雑誌を見るまでは知りませんでした。
なので、びっくりなのです。ありがたいです。ありがとうございます!

 

がんこ本舗の商品は今までたくさんの紙面でご紹介いただております。
ほんといつも嬉しいな、ありがたいな、と思っていますが、米田さんからは「企業理念にも共感!」とお言葉をいただきました!

僕たちの考えをまとめたものが商品だと思っています。
つまり商品は僕たちのメッセージなのですが、その想いが伝わって?このようなお葉を頂いたとすごくポジティブに一方的に捉えております。これもひとつの励みにしながら、次なる楽しい騒ぎを起こしたいなと思います。

 

雑誌全体も吟味されたお気に入りがたくさん紹介されています。
立ち読みだけではもったいない内容ですので、是非皆さんお手に取ってご覧下さい。


ビーチマネーとAll Things in Natureを、ナチュラル系の雑誌TruNattの創刊号で紹介していただきました。
ビーチマネーの活動の紹介はもちろん、洗剤「All Things in Nature」の紹介もしていただいております。
目に見えるゴミにだけ目を向けるのではなく、水の中の汚れちゃんにも気を配ることが、水汚染を減らせる方法の1つだとがんこ本舗は考えます。
海へ…もAll Things in Natureも「洗剤といっしょに油も自然に還す」洗剤です。僕たちにできることを少しずつ、みんなで長く続けたい。

是非、お近くの書店でもご覧下さい。
そして、海へ…同様、All Things in Natureも、よろしくお願いします。


年に1度、発刊されるスキーやスノーボードの雑誌「FallLine」
大斜面をすべる雄大な写真から、そのスノーシーンの中で身を置く人たちにフォーカスをしている雑誌のなかで、洗濯用洗剤海へ…を紹介していただきました。

海へ…とスノースポーツとの接点は?と思われる方もいらっしゃると思います。実は海へ…で、防水透湿性素材を洗うと、新品状態よりも透湿性が上がり、さらに布地もやわらかくなります。その結果、すごく動きやすく、また長時間の行動もラクになります。
また、海へ…はダウン製品もお洗濯していただけます。

アウトドアスポーツする際、ウールや化繊、ダウンなど様々な繊維のウェアを重ね着される方も多いと思います。
専用洗剤ではない海へ…は、異なる繊維のものであっても、まとめて1度で洗える万能洗剤。
そのためにお手入れ(メンテナンス)がしやすく、結果的にお気に入りのウェアを長持ちさせることにもつながります。

是非、冬シーズンが始まる前に、「海へ…」で洗ってみてください。

2012年秋に行った試験データを、こちらでもご確認いただけます。是非ご覧ください。
http://www.gankohompo.com/faq/62.html


おしゃれを楽しむママのための雑誌「Hug Mug」さんで洗濯用洗剤 海へ… おさかなボトルを掲載していただきました。「衣類ケア」のコーナーで、ママの想いを叶えてくれる衣類ケアアイテムのうちの1つとして紹介されています。

ママの想い…それはきっと赤ちゃんの肌にやさしく、おサイフにも環境にもやさしい。そんな想いを叶える洗剤。それが「海へ…」なのです!

◎「植物由来の洗浄成分100%」「添加剤一切不使用」にこだわった赤ちゃんの肌にもとってもやさしい洗剤。ナノサイズの洗浄成分で洗い上がりもふんわり気持ちいい!

◎柔軟剤無しでもふっくら仕上がり、さらにすすぎ1回・分け洗い不要で節水・節電はもちろん、洗剤代の節約にもなりおサイフにやさしい!

◎洗濯1回に使う洗浄成分の量も一般的な洗剤の約1/10の量ととても少ないので、環境にやさしい!

の掲載メディア一覧

レコ盆!SALUSに掲載。
東急電鉄のフリーペーパーSALUSでレコ盆を掲載していただきました。
今回はFeel Japan〜日本の美・技・食を感じる〜というテーマで聞けなくなった中古レコードに漆を塗った”レコ盆”が登場です。
刷毛目を残す独特の作風の塗り師「山㟁厚夫」さんならではのレコ盆は、和の料理はもちろんのこと、冷製スープや、アイスコーヒーとチーズケーキなどのランチョンマットとしてお使いいただくことで、旬な味わいを楽しんで頂けるでしょう。

布製のランチョンマットにはない雰囲気を、和洋折衷の料理でお楽しみください。このレコ盆は、東急百貨店の東横店、たまプラーザ店でお買い求めいただけます。

レコ盆とは、がんこ本舗代表の“きむちん”と有限会社 錦壽「山㟁厚夫」さんとのコラボレーション企画の第2弾となる商品です。
ちなみに第1弾は手に持ったときの厚みが心地よい「めし椀」。どちらもチェックしてくださいね!