トップページ商品紹介 > 海をまもる バスブラシ【使用方法】

海をまもる バスブラシ

洗剤を使わず「ゴム加工+水」だけでお風呂中をお掃除できるブラシ。
  • 商品概要
  • 特徴
  • 使用方法
  • 使用上の注意

  • バスブラシの上手な使い方
    • Point01 お湯または水に濡らしてお使いください。汚れたら、まめにお掃除するのがコツです。
      洗剤を必要としないため、滑る心配もなく、湯船の中に入って洗えます。また、鏡や蛇口も傷つけにくく、シャワーホースなどの柔かい部分も得意です。お風呂の蓋やスノコ、サッシの網戸と幅広くお使いいただけます。
    • Point02 溜めてしまって落ちにくくなった汚れには、少量の石けんや洗剤(※)を併用すれば、よりきれいに汚れが落ちます。
      ※「海へ…」「森と…」を10倍に薄めたスプレーをかけてから洗うと、しつこい汚れも剥がれやすくなります。カビ予防には、クエン酸を薄めた水をスプレーしながら洗うと、梅雨の時期も安心です。
    • Point02 本品が汚れたら、「海へ…」等で洗ってください。

  • キケンな塩素系を使わないカビの除去方法

    ●準備するもの
    (1) 洗濯用洗剤「海へ…」(「森と…」でもOK。中性洗剤であること)
     ※「海へ…」(40ml)と、水(160ml)をスプレーボトルに入れ、かるく振って混ぜる。
    (2) クエン酸 ※クエン酸(小さじ1杯)と水(200ml)をスプレーボトルに入れ、かるく振って溶かす。
    (3) 酸素系漂白剤(過炭酸塩100%を推奨)
    (4) 海をまもるバスブラシ

    ※「海へ…」希釈スプレーとクエン酸水は防腐剤が入っていないので、お早めに使い切ってください。

    • Point01 タイルの目地や樹脂の壁や床に「海へ…」スプレーを 掃除するところ全体が濡れるほどに吹きつける。
    • Point02 濡らした「海をまもるバスブラシ」に酸素系漂白剤を振りかけて、「STEP1」を軽く全体をブラッシング。
      (過炭酸塩はアルカリ度が高いため、剥離力が重曹やセスキ炭酸ソーダよりも大きく、オゾンと同様に酸素 を放出するため殺菌・消臭・漂白の効果が得られます)
    • Point02 その後、「STEP2」の上にクエン酸水をスプレー。
      (過炭酸塩と反応し炭酸ガスが発生します。その発泡効果で汚れを浮かせます)
    • Point02 さらに、「STEP3」をバスブラシでこすり、汚れをかき出す。
    • Point02 水を流して洗う、または雑巾で拭き取る。
    • このまま一昼夜経つと、さらに白さが増してキレイになります。ただし注意として、クエン酸は炭酸カルシウムを溶かすので、大理石(人工も含む)には使えません。



特徴 使用上の注意
  • メディア掲載情報
  • この商品に関するQ&A
  • この商品を動画でみる
  • この商品に関するサポーターへの手紙