トップページ商品紹介 > 千年ボトル

千年ボトル

Slow Small Simple Sustainable and Smile

  • ゆっくりで、ちいさくて、たんじゅんで、ながつづきする、うれしくてつい、えがおになる暮らし。
    限りある人生だからこそ、SDGsのその先にある、共生と多様性を認め合い、穏便に個々が生きる道を選択します。

               

    ー1987年

    サスティナブルという言葉が国連の「環境と開発特別委員会」という報告書の中で初めて使用されました。1987年、あなたは何歳でしたか?または生まれる何年前の話でしょうか。残念ながら、採れた果実は少ないものでしたが、環境活動家によるサスティナブルの論議は、それほど前から行われていたのだってことを知っておいてくださいね。サスティナブルは、単に流行りの言葉ではないのです。

    ー2021年

    がんこ本舗は主力洗濯洗剤の容器として10年使えるペットボトルを止め、ガラス瓶を選択しました! 【ガラス瓶】は、落とせば割れます。倒せば漏れます。重いので片手では持てません。 しかし、大事に使えば1000年も使えます。ガラスの器は、紀元前16世紀から作られています。

    ー3021年

    1000年先の未来に、まだこの文明が続いていることを願って、子孫のために出来るところから始めようと思いました。森と水とお魚のペトログリフ的な印刷は、この星の多様性を象徴しています。どうか1000年の先まで、代々使い続けていただきたいと願っております。

  • 大きな気候変動が、地球を襲ったのに違いない。 砂に埋もれたスカイツリーは、傾いている。
    もちろん、この文明をつくった「人類」の姿はもう見えない。 人間がつくったこのガラス瓶を、次に拾ってくれるのは誰?
    (大きなハサミをもった手?タコの足のような手?吸盤のついた手?毛むくじゃらの手?それとも羽を持ったもの?)

    −どうすれば回避できたのかな?
    それはいつから、誰がやればよかったのかな?こんな想像が、現実にならないために、今、皆んなで語りたいな!