トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2015年1月号 −

サポーターへの手紙 − 2015年1月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2015年
    1月号

    こんにちは!きむちんです。
    遅ればせながら「明けましておめでとう御座います。
    本年も笑顔、笑顔で一年を!」 ってことで、2015 年をどう生きて参りましょうか(笑) お風邪召されたり、胃腸炎とかなられていらっしゃる方は、早く治るようお祈りいたします!
    やはり気の流れを整えてこそ「健康」。
    実にくだらん!余計な御節介と言われるでしょうが、早寝早起きに始まる規則正しい生活と、体力向上を目指した適度な運動とストレッチが効いてくるのです。 特に、日の出に合わせた朝ご飯前の" ゆっくりランニング"+その前後の身体伸ばしを推薦します。
    そして腹は8分目。食べる回数を増やしてもいいから、よく噛んで一度に大喰いせず胃に空間をつくってあげると、頭も冴えます。きむちんは、それをなるべくやるようにして月間100km 走ることを目標に実践しています。 ちょうど昨年のお盆の頃からスタートして、体重はマイナス7kg、体脂肪はプロ・クライマー時代に近くなりました。
    こなせる仕事量も増えて、イコール「幸せ」も倍増なんですよ♪ ちょっと体調を崩したら「不健康」、ちょっと不安があると「不幸」。 不健康と不幸に慣れ過ぎてはいませんか??健康も幸せもピンポイントでしか成立しません。 まるでシーソーの真ん中ってか、釣り合ったとこって感じでしょ? コレ、超難しいと思いませんか?(笑)

    ではでは、サポーターだけの特別講習会を始めましょう。生きることまで簡単にしてあげますよ^_-☆
    じつは実は、シーソーのように横軸で考えてはいけません! 縦軸ね!「天」と「地」で捉えてよ〜。そして、その真ん中にいて天と地を繋いでいるのが…貴方って感覚。 イメージ出来たかなぁ?(笑)大きく息を10 回しましょうか!あ、その倍しましょうか!
    まずは息を吸う時、太陽や月や天の川をイメージして頭のてっぺんから吸います。 吐く時は、足の真下や土の中、そして岩盤、マグマまで意識しながら、足裏から呼吸してる感覚で吐くのです。それを10 回やったら、今度反対。 大きく息を吸う時に、足裏から吸う感覚で、マグマから岩盤、土の中、足の真下の順番です! 吐く時は逆。まるで頭の先から吐くように、高く高くどこまでも遠くまで吐きましょう。 はい♪貴方が中心、真ん中になりました(笑) 清々しくなったでしょ!もし天や地に神様がいたら、さぞお喜びですよ。
    貴方のお陰で、天にも地にも気が満ちたのですからね。 貴方が中心で構いません。いつも微笑んでいられれば、それが幸せと言うものでしょ! これが本当の自己中心 ^_-☆お薦めは二人ペアでやって見てちょ! なんちゃって~ ってことで、すべての方々の健康と幸せを祈念しつつ、年初めとさせていただきますm(_ _)m

    TUE 20/01/2015 きむちん


  • 洗濯用洗剤 海へ…200ml

    ¥1,250(税抜)
    いつもの海へ…500mlボトルはそのままランドリースペースで活躍していただくとして、それとは別に200ml ボトルが1 本あるととっても便利です。そもそも、がんこ本舗の「海へ…」は200ml ボトルが500mlボトルよりも先に発売されたのです!
    かれこれ約15 年も前のこと…。お化粧のクレンジングのようなデザインで液体洗剤で、 しかも女性が片手でプッシュするにはベストなサイズ。その上1本で40 回もお洗濯できるのです!すすぎ1 回の洗剤としては世界初(未調査ですが・・)といえるのではないかと思います。余談はこの辺にして、200ml ボトルが活躍するシーンの一例をご紹介させていただきます。

    ★バスルームに1本
    バスタイムを利用して汚れた靴下やユニフォームを手洗いしたいとき、 布オムツを洗いたいとき、残り湯でつけ置き洗いをしたいときに。
    ★非常用持ち出し袋に
    非常時、どのような場合でも使用する水が限られることが多く想定されます。洗剤が必要なときに必要最小限の水で効率よく洗える「海へ…200ml」 は 何かと重宝するでしょう。
    ★ドレッシングや食用油のリサイクル
    ドレッシングや食用油を使い切ったらリサイクル。そんな時に「海へ…」を半プッシュ程度ボトルに入れ、お水を1/3位加えて シャカシャカ振るとあっという間に 容器の内側にくっついていた 油がすっきりキレイに!
    ★長期の旅行に
    水質を問わないので国内の長期旅行に限らず、海外でもお使いいただけます。
    ご主人様の長期出張にも1本!

    お肉料理の後など常温で白く固まりやすい「油」を処理するとき、少し温めて液状にしたら、「森と...」の原液を加えてください。手で撹拌して、液が『白っぽく』なったら洗い流してください。手にも鍋にも油が残っていないことがわかります。水と同じ中性だから手荒れの心配もありません。しかも、流した油分はパイプにくっついたり、分解できなかったりしないのです。これを確認いただいた後、どの位に薄めてスプレーしたら、我が家の使い方に合ってるかなって考えて使ってください。レンジはもとより、お風呂の湯垢もよくとります。けどね!「森と...」は、油処理の最終手段だということを絶対にお忘れなく。油は、紙で拭き取ったり、がんこクロスで取れたり、いろんな方法で処理できます。きむちんの願いは「森と...」が売れることより、お魚がうまい川や海にすること。忘れないでね。

    森と暮らすぴかぴかクロス

    ¥350(税抜)
    薄くてやわらかいポリエステル100%不織布にエポクリン加工(ゴムの微粒子を吹き付ける)をして出来た「森と暮らすぴかぴかクロス」は水だけで食器やグラスの油分 を引き剥がします。
    洗剤も石けんも要らない、研磨剤も一切使っていないので色々なシーンで大活躍!しっかり握れるからコップなども力を入れて洗えますし食器洗い以外にも窓ガラスや、油膜のついた車のフロントガラスにもおすすめ。ほつれないので好きなサイズにカットしてお使いいただくことも可能です。

    【使用上の注意】 ※皮革製品や電子部品など、水を嫌うものには使用しないでください。※漆器などに砂や研摩微分が付着したまま本品でこするとキズがつきます。※ざらついた物にご使用になると、ケバがでることがあります。※使用後、ケバや水滴が気になる部分は、乾いた布で拭いて下さい。


    ゴムは、油を吸い込む力があります。また、ブレーキにゴムが使われるように摩擦を強くし汚れをずらす力をもってます。ただし、水の力を借りなければ汚れは落ちません。水は汚れを漂わせてくれて、吸着の助けをしてくれます。なぜ落ちそうにない汚れまで落ちるかというと、ゴムの粒子が2~3ミクロンと極小だから。ペン先がまるくなった鉛筆より、とんがった鉛筆のほうが手にささると痛いでしょ。より小さいものの方が同じ力でも強く働くということです。それに、凸凹隙間によく届くし。


    ●海をまもるキッチン&ベジブラシ
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●Kitchen 海へ…
    ¥760(税抜)
    この商品の詳細情報を見る


    ●コレカラのフキン葉っぱの親子
    ¥1886(税抜)
    この商品の詳細情報を見る



    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。うっかり2015 年の始まりに風邪を引いてしまいました。。普段健康体であまり風邪を引くことが無いのでちょっと 気を抜きすぎてしまったのかもしれませんね。健康で おいしく食事が出来ること、当たり前の毎日を過ごせること がいかに幸せなことか1 年の始まりに実感することが できました。 みなさんも風邪やインフルエンザにお気をつけてお過ごし くださいませ!