トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2018年2月号 −

サポーターへの手紙 − 2018年2月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2018年
    2月号

    今回はちょっと変です。
    ごめんなさい。
    いやぁ~精神的な焦りですね、書けなくなってます。
    世の中のニュースになってないのです。
    それも事実と受け止めお読みください。文は途中で終わります。

    1月31日(事故から25日後)に奄美大島に漂着した燃料油(C重油)は、イラン政府所有で韓国にコンデンセート オイルを運んでいた大型タンカーのものという見方が妥当です。上海企業の運営する貨物船との衝突事故で炎上・爆発したタンカーに乗船していた32名の乗組員全員が犠牲になられたのですが、それは1月6日のことでした。
    事故は上海沖300kmの地点でしたが、その後潮流に流され1月14日、日本の排他的経済水域である奄美大島沖300kmで沈没。

    テレビを自宅に持ち込んでないきむちんは、起こっている事実を全然知りませんでした(汗)しかも漂着の話を聞いたのは2月1日、香港の友人からでした。 さらに続報をくれたのはハワイ・マウイ島在住のプロサーファーから‼

    この時点でも今でも、ほとんど国内の報道からは深刻さは伝わってきません。ただの漂着物ではありません。
    ●その意味のひとつは、
    このオイルは事故の犠牲になられた方々の「痕跡」であること。
    その方々の無念さが伝わってきて、回収に際し手を合わさずにはいられません。
    ●また意味のひとつは、
    漂着油は島の経済を脅かす存在であるということ。アオサ海苔は、油がついて食べれないと仰ってました。モズクの種付けも出来るかわからない。
    ●そして意味のひとつは、
    海洋生物にどれほどのダメージが出て、それがいつまで続くのか?水銀やヒ素と言った重金属を含んでいるオイルが漏れたのに…
    情報が少ないためか? 大気や水質の安全宣言を求める市民の動きは国家に詰め寄るに至っておりません。
    沈没海域である東シナ海は、 スルメイカの産卵地です。日本で捕獲される全量の7割がここで生まれます。冬に産卵するので、影響が心配です。
    水産庁の水質調査の結果は、4月とのことです。



    別物(以下は、以前と変わらぬ神主きむちんの声)
    アイデアや閃きというのも、八百万の神からの授かりものです♪ ひとの話を「でもぉでもぉ~」と聞くひともいますが…
    これでは脳のキャパは拡がりません。 ひとの話は「なるほどなるほどねぇ~」と聞くようにしましょう♪
    こういうひとは、脳のキャパが拡がるので、選択する手段や方法に幅が出てきます。
    まさにこれが"知性の成長"というものなのです。
    誰からも、何も奪おうとしなくて構いません。
    唯自ら、ひたすらに"知性の成長"を願うひとに、 神さまはアイデアや閃きをくださいます。
    ※餌を咥えた親鳥は、どの雛に餌を与えれば種を絶やさずに済むか?を本能的に知っています!
    そう、自然界ではひたすら大きく口を開けて一番催促するものが生き延びるのです!!!
    神さまにお願いがあるのなら、是非催促してください!!!目的やイメージを明確に持って催促してください。
    アイデアや閃きが必ず訪れることを信じて疑わぬことです。大丈夫だよ!
    皆んな是非、競争しあって、誰よりもたくさんアイデアをいただけるひとになってちょ♬
    そして願いが叶ったらちゃんとお礼をしましょう。お礼は、神さまが望んでいる世界づくり!
    ご褒美に、また貰いたいアイデアや閃きがもらえるからね ^_−☆
    誰が一番神さまの考えていることを理解するか?競争しよう!!! 
    神さまには、この競争が一番微笑ましく映るのです ^_−☆

    きむちん TUE 20/02/2018


  • サボンノワール チューブタイプ 250ml

    ¥1,500(税抜)
    きむちんが自信を持ってオススメする多目的石けん!
    110年以上の歴史を持つマリウスファーブル社の「サボンノワール」
    まずはマリウス・ファーブル社について
    石けん産業が発展し始めた1900年、マリウス・ファーブルはマルセイユから少し離れたサロン・ド・プロヴァンスに石けん工房を設立しました。そしてルイ14世により制定された製造基準に従い三代にわたって元来のマルセイユ石けんの持つ品質と伝統を受け継いできました。マリウス・ファーブル社のノウハウは20世紀の初めから一切変わっていません。
    マルセイユ石けんとは
    一般に石けんの原料としては、牛脂とヤシ油が用いられます。その割合は牛脂60~80%、ヤシ油20~40%。これに対しサボン・ド・マルセイユの石けん素地は天然植物油(パーム油、ヤシ油、オリーブ油)だけで作られています。これらの植物油には洗浄力がすぐれ冷水でも洗浄力が落ちず、泡立ち、泡切れがよい石けん原料のオレイン酸という脂肪酸が豊富に含まれています。
    サボンノワールは色素・防腐剤不使用でオリーブオイルベースの多目的洗剤です。
    サボンノワールの主原料となるオリーブオイルはオレイン酸が豊富に含まれています。 そのオリーブオイルを原料としたサボンノワールは冷水でも洗浄力が落ちず泡切れの良い洗剤となりました。
    自然派の家庭用洗剤が見直されています。
    アマニ油ベースのブラックソープが数ある中、マリウス・ファーブル社のサボンノワールは、オリーブオイルを濃縮した天然のダークブラウンカラーです。植物性で色素・防腐剤無添加のサボンノワールは、これ1本で家中ピカピカ。ホームユースやガーデニングにも使用でき、用途に合わせて濃度を自由に調節できる、便利で経済的な家庭用洗剤です。
    まずはホームメイド洗浄液(万能洗剤)をつくりましょう!
    250mlのスプレーボトルにサボンノワールを約2ml(チューブから約1~2cm)を入れ水と良く混ぜ合わせます。
    ホームメイド洗浄液は様々なシーンでお使いいただけます。窓ガラスや鏡、木製家具、水周り、キッチン周りのお掃除、食器、木製やプラスチックのおもちゃのお手入れ、フローリングやタイルのお掃除などにお使いいただけます。基本的に2度拭きは不要です。
    濃縮原液のまま・・・
    ●銅・シルバー製品
    スポンジに少量つけて磨き、マイクロファイバークロスで磨いて仕上げます。
    水で洗い流さないでください。
    ●タイルの目地・バスタブの洗浄
    ブラシに適量取り目地を磨きます。バスタブはサボンノワールと適量の
    水をスポンジに含ませ泡立てながら磨き洗い流します。
    ●革製品
    オリーブオイル成分の含有量が高く、革製品(ソファー、車の内装、ジャケット、サドルなど)にツヤを与えきれいに保ちます。 少量のサボンノワールを布に取り磨いた後、乾いた布で拭き取ります。
    ●バイク・自転車・自動車・ボートなど車やバイク、自転車、ベビーカー などの汚れを取ります。
    スポンジに少量のサボンノワールを取り磨いたあとに洗い流す、もしくは乾いた布で拭き取ります。ダッシュボードのような車の中のプラスティック面を磨くのにも適しています。また、タバコのヤニを取り除きます。
    ※すべてのものに適しているわけではありません。しみの原因になる場合もありますので目立たないところで試してからお使いになることをお勧めいたします。


    サボンノワールはきむちんが敬愛するマリウスファーブル社の家庭用液体石けん!
    僕が石けんを使う時のルールは、いつも『ちょっとだけ』。量が多くなるとヘドロの原因になるからねぇ。。けどオシャレで丁寧につくってあるモノって、なんか愛しいよ。
    ココロが80%乙女で出来てるきむちんは、やっぱりこのマリウスファーブル社の製品はやめられないのよねぇ。。
    ◎ 余談 ◎
    私たちの暮らしでは非現実的ですが、船のデッキや船体もキレイにします。
    1950年~1960年代にマリウス・ファーブル社は、ツーロンのフランス海軍に、船のデッキ清掃用として年間100トンを超えるサボンノワールを納めていました。


    ●海をまもるキッチン&ベジブラシ
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●Kitchen 海へ…
    ¥760(税抜)
    この商品の詳細情報を見る



    ●コレカラのフキン
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    「乾布摩擦」が最近ふたたび注目されているそうです。乾布摩擦とは乾いた布で身体をゴシゴシすることにより代謝や免疫力をあげる健康法ですが最近はすっかりその光景も見られなくなりましたね。お洋服の上からさするだけでも効果ありますよ。ポイントは末端から心臓に向けてさすりあげることです!お仕事の合間などにお試しくださいね♪