トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2018年3月号 −

サポーターへの手紙 − 2018年3月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2018年
    3月号

    こんにちは皆さん、お元気ですか。
    あれから7年なんですね…
    あの時、家内のお腹の中で震災を体験した息子は、
    この4月には小学校1年生。
    3月11日は、全国のいろいろなところで、
    いろいろなかたちで"祈り"が行われました。

    9月1日は「防災の日」。
    1923年、今年で95年目を数える関東大震災に因んで
    1960年に制定されたそうです。
    死者・行方不明者は、東日本大震災を5倍以上超える
    10万5千人だったといいます。
    また1月17日のことも思い出さずには要られません。
    1995年、今年で23年目を数えた阪神・淡路大震災は6千名を超える死者を出しました。

    暗に風化させたい訳ではないのに…
    わたし達の脳は、辛いことを「忘却」という手段を持って過去のものとしてしまう。
    悲しみ、哀しみは、強く生命力を奪うものです。こうして書く手段(表現)を持って、
    奪おうとする力と対抗しうる力を授けていただいているわたしは、まだ幸せ者ですね。

    ひとは、命を得て天命を全うするまでに、目を覆いたくなるような、
    たくさんの現実を受け入れてなくてはならないように出来ております。
    自分自身の"死"もその一つなのかもしれません。

    誰か知らないひとの死と、身近なひとの死を比較する意味はありません。
    また死と重い障害を比較する意味もありません。
    また肉体的な重い障害と精神的な重い障害を比較する意味もない。

    切ないなぁ。。
    感情のやり場がない!

    安心や安全なんて、なんて不安定で不確かなものなんだろう。
    生きるって、毎日が「奇跡」的なことであり、毎日が「有り難い=ありがとう」なことなんですね。
    現実から何を学び、何を伝え、何をして行くのか!!!
    今更ながら、逞(たくま)しく生きる決意を固めました。
    ※2年前の熊本地震。まだ1万8千戸余りの方々が仮設住宅に住むことを余儀なくされています。
    ※2月のタンカー事故を原因とする燃料油の漂着とその処理。
    鹿児島県の島嶼部では未だに格闘が続いています。


    きむちん MON 12/03/2018


  • コレカラのフキン葉っぱの親子

    ¥1,886(税抜)
    フキン/雑巾=消耗品
    そんな考え方をちょっと変えてほしい・・・
    そんな願いを込めたがんこ本舗の提案商品ともいえるのがこの「コレカラのフキン」シリーズです。
    水だけで汚れを落とし、吸水性も抜群。
    見た目がかわいいから隅っこに申し訳なさげに置いておく必要もありません。汚れは目の前から消えたら水と一緒に違う場所に移動するだけ。
    地球からは無くならない。だからなるべく少ない環境負荷できれいにしたい。古くなって汚くなるよりは味の出るもの、たびたび漂白する必要のないもの、機能に優れた寿命の長いものを作りたい。。
    「使い捨て」しがちな分野でそんなゴールを目指します。全素材が水素・炭素・酸素のみでできているので燃やしても無害です。

    水だけでキレイ

    タオル生地のフキンの表面にはゴムの微粒子が拭きつけてあります。ゴムは水をつけてこするを油性の汚れを吸着する性質があります。研磨剤を使用していないので傷をつける心配がなく、ダイニングテーブル・キッチン周り・レンジや冷蔵庫のお掃除・窓拭きなどどこにでもお使いいただけます。

    とにかく丈夫

    高密度なタオル生地を採用しているのでちょっとやそっとじゃへこたれません。表面のゴムがなくなってもフキンとしてはまだまだ現役。窓拭きや洗車などなどやぶけて中のスポンジが出てくるまで使えます。

    吸水性抜群の秘密…

    フキンの芯地にはセルローススポンジが挟み込んであるので吸水性が抜群。使った後は水気を切って窓辺にかけておけば衛生的。
    風にゆらゆらゆれてかわいいですよ。

    お手入れは…

    ぬるま湯に「森と…原液」を数滴垂らし て一晩浸け置きすれば天然の青森ヒバの抗菌作用で翌朝すっきりキレイに。また、臭いが取れなくなってしまった時は酸素系漂白剤の使用も おすすめです。
    若葉のかたちは子どもの手のひらにぴったりのミニサイズ。 生活空間がワクワクと楽しくなる若葉の形にしました。 2枚の葉っぱを 止めている小枝は、フキンを製造していただいているナチハマさんの工場付近に落ちている小枝を集めて、煮沸して使用しています。 枝に若葉がついているイメージを大切にして、ひとつひとつ手作業で丁寧 にパッケージしています。

    発売当初は、鏡や窓ガラス拭きにもってこいと思っていましたが、九州のあるお店を訪問した際、食器洗いとしてのよさを言われ、使ってみますと油のべたべた食器以外は洗剤なしでしっかり汚れを落とすし、べたべたは森と...の詰め替えを数滴→葉っぱのフキンに落としてゴシゴシするときれいになる。そのとき葉っぱがものすごくきたなくなるかと思っていたら、森と...が付けてあるので後で洗うとすごいきれいになった。生活における衛生観念の違いもあって、いちがいに言えませんが、この後、ガスレンジも拭いてタイルも拭いて、流しも洗って、最後にもう一度森と...で葉っぱを洗って、水の飛び散った蛇口まわりを拭くこともできました。
    ザルもけっこうきれいにできたから、途中でブラシに持ち替える手間も必要無い感じです。・・・
    ひょっとして無精者の元登山家しかこんなことしないかもしれない?なぁ。
    まあ、このくらい良く働くと思ってください。


    ●海をまもるキッチン&ベジブラシ
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●Kitchen 海へ…
    ¥760(税抜)
    この商品の詳細情報を見る



    ●ル・ウマレルタオル
    ¥1,800(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    コレカラのフキンシリーズは本当に丈夫で長持ちします。 葉っぱの親子は見た目もかわいらしく、先端が細くなる葉っぱの形状を生かして細かい部分もきれいにすることができます。小さい葉っぱのフキンは洗面台に常備してシンク周りや鏡についた水滴をサッと拭くのに便利です。 お子さんもお手伝いしたくなる手のひらサイズです!