トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2019年3月号 −

サポーターへの手紙 − 2019年3月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2019年
    3月号

    南の方から、そろそろ桜前線の便りが届く季節となって来ました。
    この冬は暖かかったですね。
    ちょっと喜んでいられないほど暖かく、この反動が夏に来そうな雰囲気です!
    さてと…今月は何を題材に話したものやらと、まとまらぬ頭に悩んでいた" きむちん" です。
    じつは今月3月は、がんこ本舗の決算の月なんですが、また今年度も皆さまの支えで去年よりも製造量が増えました。これで創業から27期連続の売上げ高アップですm(_ _)m←感謝。
    自慢話ではなく、これって製品ってか(もちろん性能の評価もしていただいた上で) 会社の方向性を支持し続けてきていただいた皆さまのお陰だと思います。ほんとにほんとにほんとにm(_ _)m
    がんこ本舗は、1992年、奈良で産声をあげました!それから東京に移り、さらに永遠の活動拠点となる茅ヶ崎へ。
    しかし2011 年の東日本大震災がきっかけとなって、工場を富士吉田から福岡に移し、住まいも変え、ラボを新設し現在に至ります。もっと長く経営を継続されている諸先輩方にはヒヨッ子扱いでしょうが、経営に疎いきむちんですから、倒産の危機は2度3度とありました!販売代金が入金される前に、材料を仕入れなきゃいけなくて、つい無理をして支払い代金が底をつき、取引先さまに何度となく支払いを先延ばしにしてもらってやりくり!!
    早目に申し出れば潔いのだけれど、来る日も来る日も、通帳の残高が足りないことに怯えて夜も眠れない日々を過ごし、ぎりぎり漸く支払い日直前に電話を握り…なんて日も、何度も経験しました(汗)
    多くの会社への支払い日である月末が近づくと恐怖心の塊だったなぁ。
    責任感や罪悪感、自己嫌悪に逃避願望。繰り返し繰り返し襲ってくる波状攻撃に、心身共にぼろぼろになってた10 年間が間にはある。諦めなかったのは、海への想い。
    どんなに辛くても、どんなに自分がダメ人間でも、海はいろんな表情で助けてくれた!
    もちろん、旨い魚も提供してくれた!!
    海には親代わりになってもらっていた。だから海のために働けた。
    反骨精神が強いから、頭ごなしに正論を言われても、テコでも動くものか!と、意地を張って生きてきた。
    正しいとか、善とか聞くだけで押し付けがましくて嫌い。でも悪いことはもっと嫌い!カッコよくないから。
    そう単純じゃないよね。腐りかけのフルーツって甘くて美味しいし!魚屋さんで売ってる魚は死んだものだけど、 死にたてだから活きが良くて旨いとか(冷笑)
    複雑な事情も、どちらにも言い分ってあるじゃない⁈そんな中で生まれた言葉がエコよりもニコッ!!笑顔って美しい~!!!
    あぁ美意識で捉えると、シャイな自分にぴったり(笑)たくさんの人と美意識の共有がしたいんだなぁ~
    あらためて!がんこ本舗は、エコよりもニコッで海をまもる会社です。

    きむちん WED 20/03/2019


  • コレカラのフキン葉っぱの親子

    ¥1,886(税抜)
    フキン/雑巾=消耗品
    そんな考え方をちょっと変えてほしい・・・
    そんな願いを込めたがんこ本舗の提案商品ともいえるのがこの「コレカラのフキン」シリーズです。
    水だけで汚れを落とし、吸水性も抜群。
    見た目がかわいいから隅っこに申し訳なさげに置いておく必要もありません。汚れは目の前から消えたら水と一緒に違う場所に移動するだけ。
    地球からは無くならない。だからなるべく少ない環境負荷できれいにしたい。古くなって汚くなるよりは味の出るもの、たびたび漂白する必要のないもの、機能に優れた寿命の長いものを作りたい。。
    「使い捨て」しがちな分野でそんなゴールを目指します。全素材が水素・炭素・酸素のみでできているので燃やしても無害です。

    水だけでキレイ

    タオル生地のフキンの表面にはゴムの微粒子が拭きつけてあります。ゴムは水をつけてこするを油性の汚れを吸着する性質があります。研磨剤を使用していないので傷をつける心配がなく、ダイニングテーブル・キッチン周り・レンジや冷蔵庫のお掃除・窓拭きなどどこにでもお使いいただけます。

    とにかく丈夫

    高密度なタオル生地を採用しているのでちょっとやそっとじゃへこたれません。表面のゴムがなくなってもフキンとしてはまだまだ現役。窓拭きや洗車などなどやぶけて中のスポンジが出てくるまで使えます。

    吸水性抜群の秘密…

    フキンの芯地にはセルローススポンジが挟み込んであるので吸水性が抜群。使った後は水気を切って窓辺にかけておけば衛生的。
    風にゆらゆらゆれてかわいいですよ。

    お手入れは…

    ぬるま湯に「森と…原液」を数滴垂らし て一晩浸け置きすれば天然の青森ヒバの抗菌作用で翌朝すっきりキレイに。また、臭いが取れなくなってしまった時は酸素系漂白剤の使用も おすすめです。
    若葉のかたちは子どもの手のひらにぴったりのミニサイズ。 生活空間がワクワクと楽しくなる若葉の形にしました。 2枚の葉っぱを 止めている小枝は、フキンを製造していただいているナチハマさんの工場付近に落ちている小枝を集めて、煮沸して使用しています。 枝に若葉がついているイメージを大切にして、ひとつひとつ手作業で丁寧 にパッケージしています。

    発売当初は、鏡や窓ガラス拭きにもってこいと思っていましたが、九州のあるお店を訪問した際、食器洗いとしてのよさを言われ、使ってみますと油のべたべた食器以外は洗剤なしでしっかり汚れを落とすし、べたべたは森と...の詰め替えを数滴→葉っぱのフキンに落としてゴシゴシするときれいになる。そのとき葉っぱがものすごくきたなくなるかと思っていたら、森と...が付けてあるので後で洗うとすごいきれいになった。生活における衛生観念の違いもあって、いちがいに言えませんが、この後、ガスレンジも拭いてタイルも拭いて、流しも洗って、最後にもう一度森と...で葉っぱを洗って、水の飛び散った蛇口まわりを拭くこともできました。
    ザルもけっこうきれいにできたから、途中でブラシに持ち替える手間も必要無い感じです。・・・
    ひょっとして無精者の元登山家しかこんなことしないかもしれない?なぁ。
    まあ、このくらい良く働くと思ってください。


    ●海をまもるキッチン&ベジブラシ
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●アヒル親子のバスタブ洗い
    ¥760(税抜)
    この商品の詳細情報を見る



    ●ル・ウマレルタオル
    ¥1,800(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    命が芽吹く季節。春の訪れがあちこちに感じられるようになりましたね。
    その中でも私が一番春らしくて好きなのがうぐいすの鳴き声。まだ春先の今は「ホ~ホケッ★〇□×」といった具合のなんだかへんてこな鳴き声が響き渡り、なんとも愛らしくも思えるのですが、日に日に上達していき、ある日とうとう一人前に鳴けるようになるとそれはそれで寂しいものですね。