トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2019年12月号 −

サポーターへの手紙 − 2019年12月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2019年
    12月号

    何となく年の瀬の気がしないのは、やはり気候変動のせいでしょうか?!
    夏から秋へ、あの日本らしい季節の移り変わりが無かった今年。
    もうクリスマス前というのに、未だに身を斬るような
    冷たさを肌に感じる日は来ない。。
    さぁ、どうなる「温暖化」
    …さあぁどうする「温暖化」。

    令和2年[2020年]に求められる課題は山積みです。
    静かに自然と対峙する機会を増やし、自らの感性を磨き、時代の移ろいを真っ先に捉え、速やかに行動に移すことが 生き延びるチカラとなるでしょう!!!

    さてそこで…努力しないで生き延びる(天寿を全うする)方法に ついて興味を持っていただければ幸いです。とても簡単で、 老若男女を問わず出来ますから、つべこべ言わず、とにかく一度♪実践♪し始めてください。
    その方法は、自分の中にいる幹細胞レベルの小さな自分を応援してあげることに繋がります。
    自分で自分を応援!です。
    とかく親は子に"努力"を強いるものです。
    そして励ましのつもりで子に「頑張れ!」と言ってきませんでしたか??もしこのように貴方が育てられていると、かなり厄介。「頑張り癖」がついているからねぇ〜
    伝えたいのは"頑張らない" "努力しない"方が、心の「静寂」や「安心」が得られるのだということです。
    ひとから「そのままの貴方が良いよ♪好きですよ♪」と言われれば、とても心が安らぎますね。
    これが幸せの核心です。
    誰しも、自分が幸福感に満たされていないのに、ひとに優しくは出来ないでしょう?
    唯一、貴方を"幸せ"に出来るひとは「貴方」です。
    貴方以上に貴方に関心を持っているひとはいませんからね?!
    勇気を持って"努力"とさようなら( ^_^)/~~~してください。

    "努力"することを手離した上で、散歩なさってください。
    目的を捨ててただ歩いてください。明治の文豪に 坪内逍遥(つぼうちしょうよう1859〜1935年)さん♪て方がいらっしゃいましたが、この"逍遥"こそ気ままに 散歩するという意味の言葉であり、きむちんはまさに"逍遥"は"努力"を止めてでもした方が良いと思っています。

    気の趣くまま、目的を捨てて、ただ前進し、outputし続ける。これも禅でいうところの「行(ぎょう)」でしょうねぇ〜
    最近のきむちんにとっての散歩は、言葉の森を泳ぐことかな(笑)
    自然に触れ、知識に触れ、病むことなく悩むことなく、ひとりで居ても心を大事に和(にこや)かに、 ひとが世で一喜一憂していることから、ひととき身を離し、自分の中にいる細胞にただ栄養と声援を送る。
    この時間の作り方が、明日の、そして人類の未来を作ることだと確信して♪実践♪してみてくださいね。
    二礼二拍手一礼。

    FRI 20/12/2019 きむちん

  • 食器用洗剤「森と…詰替用原液」

    ¥1,200(税抜)

    今年も大掃除ギリギリになってしまった!という方にもオススメしたい!

    食器用洗剤ですが大掃除にも大活躍なのです。
    その前に、基本的な使い方を先にご説明いたします。
    別売の「森と…スプレー」または「森と…泡ボトル」に10〜16倍に水道水で 薄めて詰め替えていただきます。食べ終わった食器の汚れをあらかた拭き取ったあとにスプレー(泡をプッシュ)して古紙や新聞紙などで全体をなじませな がら拭き取り、あとは軽く水洗いするだけ。
    原液はカレー鍋やフライパンなど油汚れの多いものに2~3滴垂らし、少量の 水とともに食器同様なじませながら拭き取り軽く水洗いすれば2度洗い不要で ピカピカです。排水後も24時間で94%生分解するので安心して使えます。
    青森ヒバの天然効果でまな板やフキンの除菌も◎。

    海をまもるがんこクロス(レギュラーサイズ)

    ¥580(税抜)

    洗剤いらずの汚れ落とし

    発売は1993年。
    元登山家の代表きむちんが山での経験を生かしてつくった『がんこ本舗』の原点となった商品です。社名の由来もこの『がんこクロス』から来ています。
    洗剤いらずの汚れ落とし。ゴムの微粒子が吹き付けられた真っ白なクロスは 水をつけてこすることにより、消しゴムのように油汚れを吸着しはがし落とします。水をきらう場所以外はどこでもお使いいただけますので洗剤を使う前にまずはこのがんこクロスでゴシゴシしてみてくださいね。 研磨材は一切入っていませんので傷をつけたくない漆器にも安心してお使いいただけます。

    「森と…」と「がんこクロス」を使った大掃除のススメ


    【1】換気扇のお掃除に
     (森と…/がんこクロス)

    手で触って少し熱いと感じるお湯に森と…原液を小さじ1杯ほど入れ攪拌した後に取り外した換気扇の部品を浸け込む。しつこい油汚れは洗剤液の中でスポンジなどでこすります。(巻きまきがんこクロスまたはがんこクロスを切って使うとさらに効果的。ですが1度で使えなくなってしまいますのでほかの場所をお掃除し終わったクロスをお使いいただくことをお勧めします♪)
    洗い流したら完了です!
    コンロまわりのこげつきにもオススメです!
    浸け置きができる五徳は換気扇と同じ要領で、五徳周りのがんこなこびりついた油汚れは根気よくがんこクロス+森と…でゴシゴシしてみてください。

    【2】家中の拭き掃除に
      (森と…)

    16倍程度に薄めた「森と…スプレー」で拭き取るだけ。ドアノブやスイッチ、キッチン周りやフローリングや壁などなど…青森ヒバのさわやかな香りでお掃除も快適♪2度拭きは基本的に必要がありません。

    【3】窓拭き・車のフロントガラス内外磨きに
     (がんこクロス)

    洗剤不要!水をつけてこするだけ!傷もつかないから安心。※吸水性がないので仕上げ拭きが必要です。

    【4】カップや湯のみの茶渋落としに
     (がんこクロス)

    しっかりついてしまった茶渋は根気が要りますが洗剤や劇薬などを使わず茶渋が水だけで取れるのには感動♪適当な大きさにカットして使うと便利。

    ●海をまもるトイレブラシ
    ¥1,050(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●森と暮らすぴかぴかクロス
    ¥350(税抜)
    この商品の詳細情報を見る


    ●サボンノワール チューブタイプ 250ml
    ¥1,500(税抜)
    この商品の詳細情報を見る




    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    8カ月間の令和元年が終わろうとしています。毎年年越しは実家の長野で親戚と賑やかに過ごします。自分が産まれた時からずっとそうです。風邪をひいて寂しい年越しだったり友人たちと過ごした年もありましたが今は自分たちの子供が主役。時代が廻ったなぁと自分の歳とともに実感。夫婦間では健康の話題も増えました(笑)でもこうして無事1年を過ごせたことに感謝。そして2020年も平和であるよう祈るばかりです。