トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2020年6月号 −

サポーターへの手紙 − 2020年6月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2020年
    6月号

    2020年6月21日日曜日。今日は、とても特別な日でした!
    大安吉日の夏至日【げしび】(最も日中が長い日)で、 なんと夏至と重なる部分日食は、372年ぶりとなり… さらに再生の始まりである新月なんて!(◎_◎;)
    びっくりするほどの日だったねぇ〜 さらに前日は、暦の上で一年に2度しかない一粒万倍日と 天赦日が重なっていて、これまた途方もなく縁起が良か ったようですよ♬ さぁこれが日本中の皆さんに、いや世界中の皆さんに、 幸運への転機となれば良いなぁ〜 祈るしかないやっ!! って、わけではないのですが…
    本日は江ノ島の手前にある水族館前や橋の反対側にある片瀬東海岸のビーチクリーン がてら、真っ先に江ノ島神社に参拝させていただきました。



    いろいろ歩きながら奥津宮まで何箇所もお参りさせていただきながら、ふと頭によぎった言葉とは…
    『我がために祈らず 他がために祈る』
    というものでした。

    そうですよねっ!
    自分のために祈るってことは、言い換えれば"神さまを信じていない"に近いことなんではないでしょうか!? 信じていれば、わざわざ礼拝に訪れた場所で、あーして欲しい・こうして欲しいと願う必要もなく、、、
    既に"信ずれば叶う"が現実のものとなって実現しているはずであり、その御礼を申し上げに行く場所が 「神さまのお住まい」なのだってことになるわけです。(お解りになりますか?)

    一方、他がために祈るってことは、なかなか足を運べない方々の代わりになり、身を以て人の痛み・苦しみ・悲しみ の解放に赴くわけで、こういった行為を進んで出来る方であればこそ、その方が益々世のため人のためと神さまの 手足になれるよう使命を与えてくれるのが「神さま」と言うものであり、それを喜びとして受け取ることの出来る ひとには、妨げになる事柄が、とにかく不思議と起こらないものだと思います。

    『我がために祈らず、他がために祈る』ことは、足るを知ったものにしか出来ないことです。
    お金持ちの方だけでも、貧乏な方だけでもなく、そのいずれであるか!?という問題ではなく、置かれている境遇を 受け入れ、身の丈に応じた、出来る限りの誠実な善処をするものと、言い換えてもおかしくはありません。 つまりは、ありきたりに思える言葉と受け止められる方もいらっしゃるでしょうが、 日頃から何にでも「感謝」の心を持っているか?否か!なのですね。 生まれてきたことへの「感謝」、生かされていることへの「感謝」、仕事を与えられていることへの「感謝」などです。
    悔いる人生であるのは、感謝の足りない証拠です。 〈結論〉ひとは何のために生まれてきたのか?ただそれは、我ではなく…(他)人の役に立つために生まれて来たのです。
    自分を褒めて欲しいがために感謝されることをしてはいけません。
    我を捨て、ひとの役に立ちましょう。
    もう一度、お考えいただきたいと思います。
    人生の転機になることを祈っておりますm(_ _)m

    SUN 21.06.2020 きむちん


  • 海へ…BeforeAfter剤

    ¥1,800(税抜)
    菌へと働きかける今までにない予防型除菌剤
    世の中にはたくさんの除菌剤がございます。しかし、がんこ本舗が日々目指している「共生」「共存」を可能にするものが無い。「無いのであれば作ってしまえ〜」ってなった代表兼研究員であるきむちん♬
    「海へ…ビフォー・アフター剤」は衣類の菌の繁殖をビフォーに使用することで防ぎ、アフターとして洗濯機に使用することで洗濯槽の防カビを実現する
    「予防」「防衛」商品。「海へ…Step」(洗濯洗剤)、「海をまもるシャチッとスプレー」(シミ・がんこな汚れ落とし)と併せて今回新発売の「海へ…ビフォー・アフター剤」を使用することで、安心・安全なお洗濯方法が完成します。


    BeforeAfter剤の使い方

    《防臭の場合》
    1.タライ又はバケツに水を入れます
    2.ビフォーアフター剤を投入します(水10Lに1プッシュ)
    3.軽く攪拌します
    4.衣類を60分以上浸け込みます
    5.かるく絞り、あとは他の衣類と一緒にお洗濯します
    6.攪拌が完了したら洗濯物を投入して、いつも通り洗ってください
    ※つけ置きしてから洗濯すると、白いものはより白く仕上がります
    《消臭の場合》
    1.タライ又はバケツに水を入れます
    2.ビフォーアフター剤を投入します(水10Lに1プッシュ)
    3.軽く攪拌します
    4.衣類を60分以上浸け込みます(臭いが強い場合は2〜3時間)
    5.かるく絞り、あとは他の衣類と一緒にお洗濯します
    《洗濯槽の防カビの場合》
    1.洗濯槽全体が浸るよう高水位まで水を入れます
    2.ビフォーアフター剤を投入します(水10Lに1プッシュ)
    3.軽く攪拌します
    4.60分以上浸け置きます
    5.洗濯槽を乾燥させます(槽乾燥コースがある場合はご使用を推奨)
    ※週1回程度行っていただくことで効果を持続することができます
    洗濯槽の除菌にかかる「年間コスト」を比較



    「海へ…ビフォー・アフター剤」は菌との「共生」「共存」を目指す今までにない除菌剤として生まれました。その考え方には、我々人間がどのようにして生きているか。
    このことを理解しないといけません。今回は別紙にてがんこ本舗代表兼研究員「きむちん」からのメッセージをご紹介します(5月のお手紙と同じですが今一度確認の意味で共有させてください)。
    邪魔者あつかいされがちですが菌とは共に生きている仲間です。海を守るのも、環境を守るのも、家族、周囲を守るのも、自分を守るのも。菌との「共生」「共存」のがんこ理念で考えたら素晴らしい世の中になることでしょう。2030年以降のスタンダードを目指し科学の力、技術の力に知恵と発想と想いをのせて。今後も新商品の開発に皆様のご意見、ご協力よろしくお願いいたします。


    ●サボンノワールキッチンタイプ
    ¥1,500(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●くらしのBeforeAfterスプレー 微香タイプ

    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    本州は梅雨真っただ中ですが、晴れた日は夏を感じさせる日も多くなってきました。これからの季節は汗もたっぷりかきますので毎日BeforeAfter剤のお世話になりそうです。
    生活していく上で「コロナウィルス」とは切っても切り離せない関係になりましたが。きむちんが言っているように菌とは共生・共存していかなくてはなりません。お味噌、納豆、お漬物など私も大好きな発酵食品も「菌」あってのおかげです。除菌など、予防に努めて楽しい夏をすごせますように…!