トップページサポーター > サポーターへの手紙 − 2017年2月号 −

サポーターへの手紙 − 2017年2月号 −

サポーターへお送りした手紙を公開します!

  • 2017年
    2月号


    17日には春一番も吹いた湘南・茅ヶ崎です。
    本来は極寒の二月だと言うのに、四月のような陽気が訪れたり、はたまた日本海側や関西では大豪雪に見舞われたりと…
    やはり"大自然"は、時も空間も物ともせず、ひとの情念や欲望すら小さなものとして脈動しているのだ!と感ずる、きむちんです。
    暖かい地方や低山では、そろそろ雑木林の中から芽吹きの音が届くと思います。
    パチン、パチン。。
    何かが爆ぜる音が聞こえてくる。
    何も吹いていない!
    何も動いていない!
    せせらぎから聞こえてくるのは、谷に沿って流れる水音だけ!
    でも違う。
    頭の上の何処からか聞こえてくる音。
    パチン、パチン。。
    それは冬に身を守ってくれていた硬い殻を破って、新芽が出てくる時の音‼
    聴きに行きたいなぁ〜
    もうすぐだね、春は。
    頑なになっていた身も心も、風に折られた道端の小枝を踏み締め…
    パチン、パチンと折っていけばいいんじゃない(笑)
    安定なんて、ちっぽけな人間の妄想です‼
    日々は、変化。
    なりたい自分を探しに野山に行こう!
    ご自身の深山に分け入り、素直で健康的な大自然のこどもに戻ろうよ!
    弱くて、弱いがゆえに大自然に委ねるしかない自分に気付き、流れるがままの大きな気に乗りましょうよ♬
    大自然に流される幸せを知れば、あなたの周囲に変化が起きます♪
    不幸が必ず連鎖するように、幸せもまた必ず連鎖するのだという法則を忘れずに、唯せっせせっせと他人に 福を運びましょう^_−☆

    きむちんSUN 19/02/2017


  • 食器用洗剤「キッチン海へ…」

    ¥760(税抜)

    ★洗浄成分は全体のわずか4%

    洗浄成分がわずかなのに洗浄力は十分なうえ手肌や環境にもやさしい。
    もちろんOECD生分解テストもクリアしているので排水後も100%自然界に還ります。

    ★泡がすべりにくい!

    泡がぬるぬるしないので重たいお鍋やグラス類もしっかりつかんで洗え、すすぎ時の泡切れも早いので節水&時短に。

    ★手あれしにくい

    洗浄成分はより純度の高い化粧品原料と同じものを使っているので
    手荒れも最小限に。(お湯などで荒れてしまう方はゴム手袋を着用ください)

    使用量をより減らせるおすすめの使い方

    基本的な使い方は一般的なスポンジに洗剤を取り、泡立てて使う方法と同じですが
    泡をあらかじめ作り置いてから洗うと少量の洗剤でも効率よく食器洗いが可能です!

    海をまもるキッチン&ベジブラシ

    ¥850(税抜)

    土つき野菜の泥落としや薄皮剥ぎに最適。

    ザルやすり鉢なども洗剤なしでキレイになります。シンクまわりの掃除にも。耐熱温度100℃、煮沸消毒もOK。
    ゴム加工したブラシは、水だけで汚れをずらし吸着します。けれど最大の特徴はゴム加工によってもたらされたコシの強さ。毛先が拡がりにくいから隅まで洗いやすくて、丈夫で長持ち。だから洗剤もゴミも減らせます。
    そしてブラシの植毛は一般の約3倍、毛先は0.1ミリ。コシが強く、拡がりにくく、力の要らない「やさしい」ブラシです。

    ゴボウや人参、大根、里芋、じゃがいも洗いに大変重宝します。ゴボウなどは、もうそのまま料理に使えますよ。皮と身の間に栄養があるんだよーっていうじゃないですか。そこにはおいしさもギュって詰まってる。
    それ、実感して欲しいなぁ。豚汁なんか、暖まっていいんじゃない!
    ごめんなさい。もとに戻しますね!手が痛くならないんです。でも、腰があってすぐ毛先が開かないから、これだぁ☆って思ったのですよ。ただし、洗いものの油ものは×‥ゴムが、油を吸い過ぎて後々それを洗うのに苦労します。使用後は、よく水をきってブラシの根元に水気が残らないようにしてね。


    ●森と…泡ボトル
    ¥880(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●アヒル親子のバスタブ洗い
    ¥760(税抜)
    この商品の詳細情報を見る

    ●コレカラのフキン
    ¥850(税抜)
    この商品の詳細情報を見る



    ※お届け商品は新商品の発売などで急遽変更する場合がありますのでご了承くださいませ。
    毎日寒い寒いと口にしていましたが、先日河津桜が満開と聞き見に行ったところすでに散り始めていました。 菜の花も満開で、風さえ吹かなければ晴れた日はすっかり春がもうすぐそこまで来ているのを実感できますね。 きむちん手紙にもあるように日々は変化。「流される」ということばはマイナスに捕らえられることが多いけれど良いこともそうで ないことも起こり続ける人生こそが流れに沿って生きているということで、よい言葉だなぁと改めて思いました。